店主 花田真孝

  1. ホーム > 
  2. こだわり > 
  3. 店主 花田真孝

 

店主からの言葉

店主 花田真孝の写真





恋人、家族、友人・・・・大切な方とお越しください。

店主の経歴

19歳で洋食の道に入る。

21歳の時、六本木のスイス料理店でスイス料理の他、色々な料理を学び、
その後、ステーキハウス・イタリア料理の専門手で修業。

29歳の時、焼肉に興味を持ち、六本木において“あるオーナー”に頼まれ
初めて焼肉店を開店させる。

その2年後、新しいタイプの焼肉店“からーら”を開店。
この店が日本全国に知れ渡り、ただいなる影響をあたえる。
その間に、あわせて焼肉店を6店開店させるが、自分のやっている焼肉料理、
焼肉のタレ、味に満足できなくなり、独立。
所沢において焼肉店“味来(みらい)”を開店させる。

娘の誕生をきっかけに料理全体を見直し、極力体に優しい食材を取り入れ、
5年後、少しは満足できる味になり、1年後、今の場所に焼肉店 “炭家”を開店。
10年焼肉の道に入り20年にして満足の出来る味が完成。
最初の頃の“からーら”の味が「10」であれば今は「100」である。

▲ページトップへ